コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島竜太郎 こじま りょうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島竜太郎 こじま-りょうたろう

1850*-1913 明治時代の社会思想家。
嘉永(かえい)2年11月27日生まれ。明治22年以降,衆議院書記官などをつとめる。30年酒井雄三郎らと社会問題研究会を組織。のち幸徳秋水,堺利彦らの平民社を援助した。「平民新聞」に掲載の「共産党宣言」の原本提供者。大正2年1月5日死去。65歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小島竜太郎の言及

【平民社】より

…その発行所となり同志のたまり場となったのが平民社である。小島竜太郎,加藤時次郎らの援助を得て東京有楽町に2階家を借り,石川三四郎,西川光二郎らも加わって編集等の仕事を進めた。11月15日に出た創刊号は増刷分を含めて8000部も売れる盛況で,以降平均4000前後の読者を有した。…

※「小島竜太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小島竜太郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android