コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平民社 へいみんしゃ

6件 の用語解説(平民社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平民社
へいみんしゃ

週刊『平民新聞』発行のため幸徳秋水と堺利彦が 1903年 10月 27日に設立した結社。安部磯雄,片山潜らの支持を得,社会主義反戦運動の拠点となったが,日露戦争中政府権力の弾圧を受け,05年1月 29日第 64号をもって『平民新聞』は廃刊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいみん‐しゃ【平民社】

明治末期の社会主義結社。明治36年(1903)日露戦争開戦反対を唱えて「万朝報(よろずちょうほう)」を退社した幸徳秋水堺利彦(さかいとしひこ)らが結成。「平民新聞」を発行。官憲の弾圧で同38年に解散。同40年、再興したが3か月で解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平民社【へいみんしゃ】

明治末の社会主義者の結社。非戦論から開戦論に転換した《万朝報》を退社した幸徳秋水堺利彦は1903年《平民新聞》(週刊)を創刊し,日露非戦を主張,その発行所として東京有楽町に設立され,同志の拠点となった。
→関連項目大杉栄管野スガ火の柱山口孤剣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へいみんしゃ【平民社】

日露戦争開始の危機にあたり,非戦論を核心として結成された社会主義結社。日清戦争後,日本の朝鮮進出と軍事力の強化の中で日露関係は切迫し,対露同志会や七博士の対露強硬意見書(七博士建白事件)が口火となり各新聞論調も挙国一致・主戦に傾いていった。1903年10月堺利彦と幸徳秋水は〈退社の辞〉を掲げて《万朝報》と決別し,約1ヵ月後《平民新聞》(週刊)を発行した。創刊号で〈平民主義,社会主義,平和主義理想郷に到達せしむるの一機関〉と宣言し,世論に向かって日露非戦の活動を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へいみんしゃ【平民社】

日露戦争を翌年に控えた1903年(明治36)、非戦論を主張する堺利彦・幸徳秋水によって結成された結社。社会主義・平民主義・平和主義の三主義を標榜し、社会主義者の拠点として「平民新聞」の発行など種々の出版・宣伝活動を行なったが、当局の激しい弾圧にあって、1907年四月解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平民社
へいみんしゃ

明治時代の社会主義結社。日露戦争開戦に反対し萬朝報(よろずちょうほう)社を退社した堺利彦(さかいとしひこ)、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)が、非戦の主張を貫くため1903年(明治36)10月27日に設立。東京有楽町の社屋には多くの社会主義者が出入りし、11月15日には週刊『平民新聞』を発刊。同紙は05年1月29日に廃刊を余儀なくされたものの、加藤時次郎の主宰する直行(ちょっこう)団の機関紙『直言(ちょくげん)』を譲り受け、平和主義と社会主義とを主張し続けた。また同社は社会主義協会と提携し、社会主義演説会、講演会の開催や地方遊説のほか、平民社同人編『社会主義入門』、木下尚江(なおえ)『火の柱』など15冊の平民文庫も送り出した。しかし、政府の弾圧に加え、財政難、内部の不統一のため05年10月9日解散した。
 こののち社会主義陣営はキリスト教社会主義者による『新紀元』派と、唯物論的社会主義者による『光』派に分かれたが、1907年1月15日に両派の石川三四郎、西川光二郎(みつじろう)、幸徳秋水、堺利彦、竹内兼七(かねしち)が提携しふたたび平民社がおこされ、日刊『平民新聞』が発刊された。しかし社内で議会政策派と直接行動派の分裂がみられたうえ、政府の弾圧はいっそう厳しくなり、07年4月14日に廃刊、平民社も解散した。通算2年余、再興後はわずか3か月の活動であったが、社会主義の統一的な実践団体として、日本の社会主義史上に大きな足跡を残している。[成田龍一]
『荒畑寒村著『平民社時代』(1973・中央公論社) ▽太田雅夫編『明治社会主義資料叢書2 平民社日記 予は如何にして社会主義者となりし乎』(1972・新泉社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平民社の言及

【火鞭】より

…幸徳秋水,堺利彦らの平民社を中心として生まれた社会主義的青年文学研究会,火鞭会の機関誌。1905年(明治38)9月~06年5月まで9号発行され,《ヒラメキ》に合併。…

【普選運動】より

…02年から03年にかけての日露戦争直前の時期が同盟会の最盛期で,東京とその周辺に限定されてはいたが,活発な演説活動を行った。日露戦争により運動は沈滞したが,平民社による請願運動は継続した。戦後社会主義者と急進主義者との連帯行動が復活したが,07年から09年にかけて,無政府主義の進出による社会主義陣営の分裂により運動は沈滞した。…

【平民新聞】より

…いまだ無定型の状態にあった初期社会主義運動は,この新聞の媒介する交流関係によって運動面でも思想面でも自己形成していった。原則としてタブロイド判8ページ建ての紙面では,社会主義・平和主義論文,外国の運動紹介,国内の集会・演説会などの報告,全国各地の読者からの投書などによって中央の平民社と全国に散在する同志の間あるいは地方同志相互の間に交流をつくりだそうとしている。平均の発行部数は3000~4000部程度であった。…

※「平民社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平民社の関連キーワード中村鑑三非戦論ぼくたちの「日露」戦争乃木季典大江志乃夫日露戦争と捕虜大塚甲山津久居平吉山本飼山《明治天皇と日露戦争》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平民社の関連情報