小川 定明(読み)オガワ テイメイ

20世紀日本人名事典の解説

小川 定明
オガワ テイメイ

明治期のジャーナリスト



生年
安政2年3月6日(1855年)

没年
大正8(1919)年1月3日

出生地
江戸・麴町

出身地
愛知県

旧姓(旧名)
青山,名倉

別名
幼名=庄之助,号=樵僊

学歴〔年〕
名古屋藩学校仏語科

経歴
江戸詰めの尾張藩士の子として、麴町の藩邸で生まれる。慶応4年(1868年)名倉家、明治9年小川家の養子となる。この間、名古屋藩学校仏語科に学び、教師だった林正十郎の薫陶を受ける。明治12年甲府でかなめ新聞を主宰。峡中新報、静岡新聞の記者を経て、政治運動に参加、19年旧自由党員らの政府転覆計画(静岡事件)で逮捕された。中外電報記者から25年大阪朝日新聞に入社。新鮮な文章と観察で読者に人気があり、名物記者として知られた。特に戦地報道にすぐれ、台湾出兵、日清戦争、義和団事変、日露戦争などに従軍。35年大阪朝日新聞を退社。その後、千葉県成東町の鉱泉旅館の下男や北海道の孤児院やとなり、漂白の人生を送った。その奇行ぶりから南方熊楠、宮武外骨と“3奇才3奇人”として並び称される。著書に「新聞記者腕競べ」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android