コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川三紀 おがわ みのり

2件 の用語解説(小川三紀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川三紀 おがわ-みのり

1876-1908 明治時代の鳥類学者。
明治9年3月30日生まれ。東京帝大医科大在学中から剥製(はくせい)や鳥卵の標本をあつめて日本の鳥類学の基礎をきずく。明治41年刊行の「日本産鳥類目録」は研究者にとって貴重な資料となった。その名はオガワコマドリにのこっている。明治41年10月30日死去。33歳。静岡県出身。東京帝大卒。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小川三紀

没年:明治41.10.31(1908)
生年:明治9.3.30(1876)
明治期の鳥類学者。静岡市出身,旧制中学4年で処女論文を発表し,一高・東京帝大医科大(東大医学部)在学時以降飯島魁東京帝大教授を助けて剥製標本や鳥卵標本を集め,日本鳥類学の礎を築く。奄美・琉球産鳥類の研究で知られるほか,502種を記載した主著『日本産鳥類目録』(1908)は研究者の座右の書となった。精力的で発想の豊かな人物だったが,京都帝大福岡医科大(九大医学部)在職中に若くして没した。その名は和名オガワコマドリに残る。

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川三紀の関連キーワード足立文太郎尋常中学校走鳥類内田清之助旧制中学物象新制中学校山階芳麿オースチン黒田長久

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone