小川宮(読み)おがわのみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川宮 おがわのみや

1404-1425 室町時代,後小松天皇の第2皇子。
応永11年6月28日生まれ。母は光範(こうはん)門院応永27年父の勘気をうけ,前権(さきのごんの)大納言日野資教(すけのり)の家にのがれる。ゆるされて参議勧修寺(かじゅうじ)経興の家でそだてられた。30年称光天皇の東宮となるが,32年2月16日急死した。22歳。追号は竜樹寺宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

小川宮 (おがわのみや)

生年月日:1404年6月28日
室町時代の後小松天皇の皇子
1425年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android