コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川幸三 おがわ こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川幸三 おがわ-こうぞう

1836-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)7年1月13日生まれ。加賀(石川県)の町医師の子から金沢藩士に登用される。元治(げんじ)元年禁門の変で世子前田慶寧が退京したとき,近江(おうみ)海津におもむき勤王の意見をのべたため捕らえられ,無断出国の罪で同年10月26日処刑された。29歳。名は忠篤。字(あざな)は士信。通称は別に三義。号は靖斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小川幸三の関連キーワード碓井次郎左衛門松井 庄五郎石黒圭三郎松井庄五郎逸見又一碓井顕古小川直子小川靖斎運動家谷村直尊攘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android