小川流(読み)おがわりゅう

  • おがわりゅう をがはリウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 比叡山台密十三流の一つ。穴太(あのう)流の祖、聖昭の弟子契仲に師事した、小川法印忠快を祖とするもの。のち、忠快の孫弟子、澄豪の西山流が分かれた。
舞踊の一流派。江戸時代、安永寛政一七七二‐一八〇一)の頃、大坂の振付師小川利右衛門(別名理右衛門)が創始したもの。利右衛門は、瀬山流の祖、瀬山七左衛門とともに名手といわれたが、のちに山村流に圧倒され衰滅した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小川流の言及

【煎茶道】より

…小川可進は,初めとくに流派を名乗ることはなかったが,その独自な煎茶技法が評判を得,洛中に可進流の名で知られるにいたった。小川流として家元の体制ができたのは2代其楽翁の代からで,今日6代目に至っている。近代以前に成立した煎茶の家元は,花月菴流,小川流の2流で,のち八橋売茶の流れをくむ売茶流が誕生した。…

※「小川流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android