コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄豪 ちょうごう

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうごう【澄豪】

1049‐1133(永承4‐長承2)
平安時代後期の天台宗の僧。清朝,隆範に顕密を学び,比叡山東塔北谷の恵光坊に住した。1113年(永久1)北京二会の講師となり,29年(大治4)権律師に任ぜられたが,翌年辞している。檀那流の分派恵光房流の祖。弟子に竹林房流を開いた長耀(ちようよう),毘沙門堂流の智海らが出て,門流は大いに発展した。【西口 順子

ちょうごう【澄豪】

1259‐1350(正元1‐正平5∥観応1)
鎌倉・南北朝時代の天台宗の僧。藤原顕成の子。法円と号した。中世天台密教の大著《阿娑縛(あさば)抄》を著した承澄に穴太あのう)流を学んだ。京都西郊の古寺顕徳寺を再興して宝菩提院とし,活動の拠点としたので,西山(にしやま)上人と呼ばれ,その流を西山流と称する。滋賀県秦荘町にある金剛輪寺にも住んで,比叡山の灌頂を移して灌頂を興隆した。《総持抄》ほか台密の著作は多い。弟子に永慶,豪鎮,恵鎮らがあり,門流から《渓嵐拾葉(けいらんしゆうよう)集》の著者として知られる黒谷の光宗(こうしゆう)が出ている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

澄豪の関連キーワード円観

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android