コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小布施新三郎 おぶせ しんざぶろう

2件 の用語解説(小布施新三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小布施新三郎 おぶせ-しんざぶろう

1845-1925 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)2年2月24日生まれ。明治12年東京兜町に小布施商店をひらく。公社債・株式仲買,古金銀売買をはじめ積極策で成功。東京株式取引所監査役・相談役。大正14年2月17日死去。81歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小布施新三郎

没年:大正14.2.17(1925)
生年:弘化2(1845)
明治大正期の証券業者。業界の巨頭。小布施民蔵の次男。須坂藩(長野県須坂市)高梨村に生まれる。明治維新後横浜に出て外国商館に勤務したが,のちに自立し東京の兜町に公社債株式仲買業を営む小布施商店を開業。明治22(1889)年ごろの金利安による株式界の活況,日清・日露戦争,第1次大戦期の景気の上昇に乗じて一流の機敏かつ積極的な投機活動によって莫大な資産を得た。のちに東京株式取引所の監査役,さらに相談役となる。家業を継いだ長男福太郎(のち新三郎を襲名)は小布施合資会社を主宰した。昭和8(1933)年の資産額は800万円であった。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』

(渋谷隆一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小布施新三郎の関連キーワード証券業巨頭NASD北信流北裏喜一郎小池国三福島浪蔵ドメイヌ・ソガ本吉乃川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone