小幡三四郎(読み)おばた さんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡三四郎 おばた-さんしろう

?-? 江戸時代中期の侠客(きょうかく)。
幕臣だが,明和(1764-72)のころ江戸で仲間とともに下谷組を組織し親分となる。本所組の太田源蔵決闘をもとめるが,相手の度胸にほれて謝罪してやめた。のちに事件をおこし遠島となったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android