小日向文世(読み)こひなた ふみよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小日向文世 こひなた-ふみよ

1954- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和29年1月23日生まれ。昭和52年串田和美主宰のオンシアター自由劇場に入団し,「ハムレット」などで主役を演じる。同劇場解散後はドラマ「HERO」「まんてん」「平清盛」,映画「銀のエンゼル」「犬飼さんちの犬」などに出演。24年三谷幸喜作・演出の「国民の映画」で読売演劇大賞最優秀男優賞。北海道出身。東京写真専門学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

小日向 文世


芸名
小日向 文世

性別
男性

生年月日
1954/01/23

星座
みずがめ座

干支
午年

出身地
北海道

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1954年生まれ、北海道出身の俳優。東京写真専門学校を卒業後、1977年にオンシアター自由劇場に入団。1996年の同劇団解散まで、中核的存在として活躍する。解散後は映像にも活動の場を広げ、映画『銀のエンゼル』で初の主役、2008年1月の連続ドラマ『あしたの、喜多義男』では統合失調症で分離した一人の人間の2役という難しい主役を務める。2011年『国民の映画』第19回読売演劇大賞「最優秀男優賞」を受賞。2012年『アウトレイジビヨンド』第86回キネマ旬報ベスト・テン「助演男優賞」を受賞。現在では、TBS『MOZU~Season1・2』、フジテレビ『HERO』、テレビ朝日『緊急取調室』等人気ドラマのレギュラーとして日本の映画界・ドラマ界に欠かせない存在となっている。

代表作品
舞台『パルコ・プロデユース公演「国民の映画」』(2014) / TBS『MOZU~Season2~幻の翼~』(2014) / フジテレビ『HERO』(2014)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小日向文世の関連情報