コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小日向文世 こひなた ふみよ

2件 の用語解説(小日向文世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小日向文世 こひなた-ふみよ

1954- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和29年1月23日生まれ。昭和52年串田和美主宰のオンシアター自由劇場に入団し,「ハムレット」などで主役を演じる。同劇場解散後はドラマHERO」「まんてん」「平清盛」,映画「銀のエンゼル」「犬飼さんちの犬」などに出演。24年三谷幸喜作・演出の「国民の映画」で読売演劇大賞最優秀男優賞。北海道出身。東京写真専門学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

小日向 文世


芸名
小日向 文世

性別
男性

生年月日
1954/01/23

星座
みずがめ座

干支
午年

出身地
北海道

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1954年生まれ、北海道出身の俳優。東京写真専門学校を卒業後、1977年にオンシアター自由劇場に入団。1996年の同劇団解散まで、中核的存在として活躍する。解散後は映像にも活動の場を広げ、映画『銀のエンゼル』で初の主役、2008年1月の連続ドラマあしたの、喜多義男』では統合失調症で分離した一人の人間の2役という難しい主役を務める。2011年『国民の映画』第19回読売演劇大賞「最優秀男優賞」を受賞。2012年『アウトレイジビヨンド』第86回キネマ旬報ベスト・テン「助演男優賞」を受賞。現在では、TBS『MOZU~Season1・2』、フジテレビ『HERO』、テレビ朝日緊急取調室』等人気ドラマのレギュラーとして日本の映画界・ドラマ界に欠かせない存在となっている。

代表作品
舞台『パルコ・プロデユース公演「国民の映画」』(2014) / TBS『MOZU~Season2~幻の翼~』(2014) / フジテレビ『HERO』(2014)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小日向文世の関連キーワード長谷川櫂松田優作稲葉義男井上達夫岡田日郎北村和夫田中邦衛森塚敏浅野和之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小日向文世の関連情報