小月冴子(読み)おづき さえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小月冴子 おづき-さえこ

1922-2012 昭和時代の女優。
大正11年12月24日生まれ。昭和12年松竹少女歌劇団の第8回東京踊りで初舞台。19年幹部となり,男役スターとして川路竜子とともに活躍。47年レビュー界初の芸術選奨。55年退団。「踊る龍宮城」など映画出演もおおかった。平成24年12月3日死去。89歳。東京出身。松竹歌劇学校卒。本名は田口秀子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小月冴子の言及

【少女歌劇】より

…しかし,戦争の激化とともに,やはり苦しい道を歩むこととなり,44年には同歌劇団を解消して松竹芸能本部女子挺身隊を結成した。第2次世界大戦後の45年10月から松竹歌劇団(SKD)として再出発し,川路竜子,小月冴子,曙ゆりらがトップスターとして活躍した。松竹歌劇団も,ややその雰囲気が庶民的,東京下町的といわれる点を別にすれば,スター中心主義といい,華やかなレビュー形式といい,その歴史を通じて,宝塚歌劇と本質的な違いはないが,とくに戦後の松竹歌劇団は,浅草国際劇場という大劇場の利点をひきだして,よりスペクタクル的で大仕掛けな舞台をつくり出している。…

※「小月冴子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android