コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小月冴子 おづき さえこ

1件 の用語解説(小月冴子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小月冴子 おづき-さえこ

1922-2012 昭和時代の女優。
大正11年12月24日生まれ。昭和12年松竹少女歌劇団の第8回東京踊りで初舞台。19年幹部となり,男役スターとして川路竜子とともに活躍。47年レビュー界初の芸術選奨。55年退団。「踊る龍宮城」など映画出演もおおかった。平成24年12月3日死去。89歳。東京出身。松竹歌劇学校卒。本名は田口秀子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小月冴子の言及

【少女歌劇】より

…しかし,戦争の激化とともに,やはり苦しい道を歩むこととなり,44年には同歌劇団を解消して松竹芸能本部女子挺身隊を結成した。第2次世界大戦後の45年10月から松竹歌劇団(SKD)として再出発し,川路竜子,小月冴子,曙ゆりらがトップスターとして活躍した。松竹歌劇団も,ややその雰囲気が庶民的,東京下町的といわれる点を別にすれば,スター中心主義といい,華やかなレビュー形式といい,その歴史を通じて,宝塚歌劇と本質的な違いはないが,とくに戦後の松竹歌劇団は,浅草国際劇場という大劇場の利点をひきだして,よりスペクタクル的で大仕掛けな舞台をつくり出している。…

※「小月冴子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小月冴子の関連キーワード森赫子織賀邦江川田芳子久慈あさみ鈴木澄子土井貞枝常盤操子二葉かほる森下彰子吉野朝子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone