コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松勇道 こまつ ゆうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松勇道 こまつ-ゆうどう

1835-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年生まれ。土佐(高知県)法泉寺の住職だったが,仏門を脱し小松勇道と名のり活動。文久のころ長門(ながと)(山口県)にいき,萩(はぎ)藩の遊撃隊にくわわる。第1次幕長戦争や藩内保守派との戦いで名をあげる。第2次幕長戦争中の慶応2年1月陣中で病死。32歳。土佐出身。本姓は山中。法名は禅澄。変名は大宮清蔵,鬼山五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小松勇道の関連キーワード運動家天保尊攘

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android