小松茂朗(読み)こまつ しげろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松茂朗 こまつ-しげろう

1916-1998 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
大正5年5月20日生まれ。昭和18年読売新聞入社。のち東京新聞に転じ,応召,シベリア抑留をへて23年社会部に復帰する。35年退社し,52年随筆「街の砂漠で」で日本作家クラブ賞をうけ,執筆生活にはいる。54年日本文芸振興会を創設し,日本文芸大賞をもうけた。平成10年11月30日死去。82歳。長野県出身。中央大卒。本名は茂郎。作品に「さらば大連」「石原莞爾」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android