コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原莞爾 いしはらかんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原莞爾
いしはらかんじ

[生]1889.1.18. 山形,鶴岡
[没]1949.8.15. 山形,高瀬
陸軍軍人。関東軍参謀として満州事変満州国建設を指揮したことで知られる。 1909年陸軍士官学校,18年陸軍大学校卒業。ドイツ駐在。陸軍大学校教官などを歴任後,28年中佐,関東軍参謀。その後,ジュネーブ軍縮会議随員,参謀本部作戦課長などを経て,日中戦争勃発時 (1937) の参謀本部作戦部長,次いで関東軍参謀副長。対ソ戦準備のため,戦線拡大に反対した。 39年東亜同盟発足に伴いその指導者となる。 41年東条英機陸相に批判的であったため,現役を追われ,中将で予備役。 41~42年立命館大学教授。主著『世界最終戦論』 (40) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

石原莞爾【いしはらかんじ】

陸軍中将。日本ファシズム運動の一方の旗頭。山形県鶴岡生れ。陸大卒。1920年国柱会に入り,日蓮信者となる。1923年からドイツに留学,総力戦論などを学ぶ。1931年関東軍作戦主任参謀として,板垣征四郎とともに満州事変を計画,実行した。
→関連項目近衛声明武藤章柳条湖事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原莞爾 いしわら-かんじ

1889-1949 明治-昭和時代前期の軍人。
明治22年1月18日生まれ。ドイツに留学。昭和3年関東軍参謀となり,板垣征四郎らと満州事変をおこし,満州国建国を推進。12年参謀本部作戦部長となり,持説の「世界最終戦争」にもとづく日米決戦を想定し,対中戦不拡大を主張して東条英機と対立した。14年から右翼団体の東亜連盟協会を指導。陸軍中将。昭和24年8月15日死去。61歳。山形県出身。陸軍大学校卒。著作に「世界最終戦論」「戦争史大観」。
【格言など】あの八月十五日で,私のこの世の務めは終わりました(大川周明へのこした辞世)

石原莞爾 いしはら-かんじ

いしわら-かんじ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしはらかんじ【石原莞爾】

1889‐1949(明治22‐昭和24)
十五年戦争期の軍人。山形県出身。陸軍士官学校(21期),陸軍大学校卒業。陸大教官などを経て1928年関東軍参謀。この間,国柱会員としての日蓮宗信仰と欧州戦史研究とに基づき,世界最終戦争論樹立。最終戦争への第一段階として満蒙領有論を唱え,満州事変を指導した。35年参謀本部課長となり,〈重要産業五ヵ年計画〉作成など,最終戦争の見地から日本と満州国を一体とした総力戦体制の確立に力を注いだ。37年蘆溝橋事件がおきると,この構想実現のために戦闘不拡大を主張し,参謀本部作戦部長から関東軍参謀副長に左遷された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしはらかんじ【石原莞爾】

1889~1949) 陸軍軍人。山形県生まれ。関東軍参謀として満州事変を引き起こし、満州国創設を推進したが、のち、東条英機と対立し、1941年(昭和16)予備役。東亜連盟の指導者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石原莞爾
いしはらかんじ
(1889―1949)

陸軍軍人(中将)。明治22年1月17日山形県に生まれる。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。中国の辛亥(しんがい)革命を知って日本の国家改造に関心をもち、1920年(大正9)には田中智学(たなかちがく)の所説にひかれて日蓮(にちれん)主義の思想団体国柱会(こくちゅうかい)に入会し、日本をアジア、さらには世界の盟主とするという使命観を得た。1922年陸大教官在任中にドイツ駐在武官となり、ルーデンドルフとデリブリックの論争に触発されて、将来の世界戦争が国家総力戦、飛行機を中心とする殲滅(せんめつ)戦となることを察知し、1928年(昭和3)関東軍主任参謀となると、『戦争史大観』にこれを体系化した。この観点から満州事変、「満州国」創設、日本の国際連盟からの脱退などを推進した。1935年参謀本部作戦課長となり、翌1936年の二・二六事件の鎮圧にあたる。「帝国軍需工業拡充計画」など総力戦体制構想を立案したが、日中戦争が勃発(ぼっぱつ)して実現は阻まれた。その後東条英機(とうじょうひでき)と対立して1941年3月第一六師団長を罷免され、太平洋戦争中は右翼団体東亜連盟を指導した。昭和24年8月15日没。[佐々木隆爾]
『横山臣平著『秘録石原莞爾』(1971・芙蓉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石原莞爾の言及

【国柱会】より

…日蓮主義にもとづく国家建設の主張は各地にひろまり,1914年立正安国会を中心に,門下の信仰団体を統一して国柱会が創設された。田中は高弟山川智応らとともに文筆,講演など多彩な活動を展開し,石原莞爾,宮沢賢治らが入会,会員は急速に増加した。その後田中は政治的な運動に傾き,国柱会も日蓮主義と〈国体主義〉を唱える国家主義的な運動に傾いた。…

【東亜連盟】より

石原莞爾(かんじ)の唱えた日中提携の理論。東亜連盟という語は1933年,満州国協和会の目的に見られるが,日中戦争の長期化と日本の国力消耗を憂慮した石原が,中国民族運動の高揚に触発されて宮崎正義らと38年末具体化した。…

【満州国】より

…1928年の張作霖爆殺事件は武力による満蒙占領を企てた軍人の陰謀であった。その後関東軍は板垣征四郎,石原莞爾(かんじ)両参謀を中心に満蒙領有計画を練り上げ,31年9月謀略によって満州侵略を開始した。軍中央部は直ちに関東軍の行動を追認したが,満蒙領有案には反対したため,関東軍は満州建国に方針を転換した。…

※「石原莞爾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石原莞爾の関連キーワードマーク・R. ピーティトラウトマン工作林銑十郎内閣板垣 征四郎木村 武雄小松 茂朗東亜連盟論大滝 重直浅原 健三小沢 開作杉森 久英浅原健三満蒙開拓入江五郎小松茂朗花谷 正花谷正本庄繁榊山潤石原

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石原莞爾の関連情報