コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林斗盦 こばやし とあん

1件 の用語解説(小林斗盦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林斗盦 こばやし-とあん

1916-2007 昭和-平成時代の篆刻(てんこく)家,書家。
大正5年2月23日生まれ。河井荃廬(せんろ),西川寧(やすし)にまなぶ。古印学,金石学を研究し,漢委奴国王の金印は刻印技法,字体などからみて本物であることを論証した。昭和51年日展で文部大臣賞。59年「柔遠能邇」で芸術院恩賜賞。全日本篆刻連盟会長。北斗文会を主宰。平成5年芸術院会員。10年文化功労者。16年文化勲章。平成17年8月13日死去。91歳。埼玉県出身。本名は庸浩(のぶひろ)。著作に「中国篆刻叢刊」(40巻)など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林斗盦の関連キーワードアルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧エクアドルの要覧エジプトの要覧オマーンの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone