コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河井荃廬 かわい せんろ

3件 の用語解説(河井荃廬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河井荃廬 かわい-せんろ

1871-1945 明治-昭和時代前期の篆刻(てんこく)家。
明治4年4月28日生まれ。篠田芥津(かいしん)にまなび,明治33年上海にわたり,呉昌碩(しょうせき)に師事。帰国後,吉金文会,丁未印社を設立。金石,書画の鑑識にすぐれ,「墨蹟大成」「南画大成」を監修,雑誌「書菀」を編集した。昭和20年3月10日死去。75歳。京都出身。名は得,仙郎。別号に木僊,迂辿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かわいせんろ【河井荃廬】

1872~1945) 篆刻家。本名仙郎。蟫巣たんそう・九節大人とも号す。中国文人と交流し金石学・文字学に精通。中国文物の鑑識に長じ、その招来に尽力した。その印は彼の学問とともに書壇や印壇に大きな影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河井
かわいせんろ
(1871―1945)

篆刻(てんこく)家、書画鑑識家。京都生まれ。名は初め得、のち仙郎と改めた。当時としては新傾向であった浙派(せっぱ)の風をよくした篠田(しのだ)芥津に刀法を学び、弱冠にして出藍(しゅつらん)の誉(ほまれ)が高かった。のち清(しん)国の大家、呉昌碩(ごしょうせき)を慕ってこれと文通し、30歳のとき中国に渡って直接指導を受けた。その後しばしば中国を訪れてその文化に触れ、とくに金石書画の知識を深め、収集に努めた。その鑑識眼は随一といわれ、博識は無類であり、興文社の『墨跡大成』『南画大成』の監修、三省堂の雑誌『書苑(しょえん)』(1937創刊)の編集指導は書画の研究に大きな功績があった。しかし慎重のあまりか、自著は一つも残されていない。また印は独特な精緻(せいち)な作風を示すが、ほとんど壮年でとどまり、晩年の作は非常に少ない。敗戦の年の3月10日の空襲で、膨大な収蔵書画・骨董(こっとう)を焼失、自らも進んでそれらと運命をともにした。[伏見冲敬]
『西川寧編『廬先生印存』(1976・二玄社) ▽西川寧著『河井廬の篆刻』(1978・二玄社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河井荃廬の関連キーワード井上はな内田徳郎大島徹水香川ミドリ竹腰正己寺崎留吉中泉行徳中川久任福垣真応矢川ミキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone