コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林日董 こばやし にっとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林日董 こばやし-にっとう

1848-1905 幕末-明治時代の僧。
弘化(こうか)5年1月17日生まれ。日蓮(にちれん)宗。下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林でまなび,新居日薩師事。京都妙顕寺住職,日蓮宗管長をつとめ,明治37年日蓮宗大学林(現立正大)林長。大僧正。日耀の「祖書録外考文(ろくげこうもん)」などを刊行した。明治38年7月31日死去。58歳。越後(えちご)(新潟県)出身。字(あざな)は是純。号は時中院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林日董の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android