コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀林/談林 ダンリン

2件 の用語解説(檀林/談林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐りん【×檀林/談林】

《「栴檀林(せんだんりん)」の略。僧の集まり栴檀の林にたとえたもの》
仏教の僧徒の学問修行の道場。室町末期から行われ、江戸時代の浄土宗関東十八檀林は有名。
の異称。
談林風」「談林派」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀林
だんりん

江戸時代の僧侶(そうりょ)の学問修道場。学林、僧林、栴談林(せんだんりん)とよんでいる。1602年(慶長7)設置の浄土宗の関東十八檀林が有名であるが、もちろんそれ以外の各宗にも設置されている。たとえば日蓮(にちれん)宗は天正(てんしょう)年間(1573~92)の初め下総(しもうさ)(千葉県)飯高(いいだか)檀林を開設したが、その後に一致派十一檀林、勝劣派六檀林を設置している。天台宗は関東十檀林を設立、曹洞(そうとう)宗は1688年(元禄1)江戸吉祥寺(きちじょうじ)を創設して檀林とし、さらに真言宗では田舎(いなか)檀林と称し各地に檀林をつくった。たとえば水戸(みと)藩では、真言宗は四檀林として領内の本寺格の寺、光明(こうみょう)院、宝鏡(ほうきょう)寺、六地蔵寺、一乗院をあてている。日蓮宗は1683年(天和3)久昌(きゅうしょう)寺檀林を設けたが、ここは水戸藩主徳川光圀(みつくに)の保護が厚く、諸宗派の僧に開放され水戸檀林として名高かった。天台宗は1697年(元禄10)薬王院を檀林としている。このように檀林の成立には、幕府が設置したもの、藩が設置したもの、宗派内の要請によるものに大別されるが、いずれもその目的が僧侶の養成機関であったことは変わりない。[圭室文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の檀林/談林の言及

【学林】より

…江戸時代に仏教各宗派で設立した僧侶の教育機関で,学寮,談林,檀林などとも呼ばれた。江戸幕府は各宗の法度(はつと)で宗学研鑽のための就学を義務づけたが,また各宗でも宗学を中心とする仏教研究が急速に発展し,住職となるために一定期間学林などで学ぶことを求めた。…

【談義】より

…本来は仏法の法義を談ずることで,ディスカッションであったものが,一般民衆に説法する意味になり,法談とも文談ともよばれた。法義の論談講義の場所は談義所または檀林とよばれたが,説教談義ははじめ法会の会座でおこなわれた。法然の円頓戒談義や東大寺の法華義疏談義は,それぞれの法会にちなんだ談義であった。…

※「檀林/談林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

檀林/談林の関連キーワード関東十八檀林檀林皇后牛頭栴檀栴檀草栴檀の板栴檀は双葉より芳し檀林寺瓊枝栴檀栴檀栴檀講

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone