コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀林/談林 ダンリン

2件 の用語解説(檀林/談林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐りん【×檀林/談林】

《「栴檀林(せんだんりん)」の略。僧の集まり栴檀の林にたとえたもの》
仏教の僧徒の学問修行の道場。室町末期から行われ、江戸時代の浄土宗関東十八檀林は有名。
の異称。
談林風」「談林派」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀林
だんりん

江戸時代の僧侶(そうりょ)の学問修道場。学林、僧林、栴談林(せんだんりん)とよんでいる。1602年(慶長7)設置の浄土宗の関東十八檀林が有名であるが、もちろんそれ以外の各宗にも設置されている。たとえば日蓮(にちれん)宗は天正(てんしょう)年間(1573~92)の初め下総(しもうさ)(千葉県)飯高(いいだか)檀林を開設したが、その後に一致派十一檀林、勝劣派六檀林を設置している。天台宗は関東十檀林を設立、曹洞(そうとう)宗は1688年(元禄1)江戸吉祥寺(きちじょうじ)を創設して檀林とし、さらに真言宗では田舎(いなか)檀林と称し各地に檀林をつくった。たとえば水戸(みと)藩では、真言宗は四檀林として領内の本寺格の寺、光明(こうみょう)院、宝鏡(ほうきょう)寺、六地蔵寺、一乗院をあてている。日蓮宗は1683年(天和3)久昌(きゅうしょう)寺檀林を設けたが、ここは水戸藩主徳川光圀(みつくに)の保護が厚く、諸宗派の僧に開放され水戸檀林として名高かった。天台宗は1697年(元禄10)薬王院を檀林としている。このように檀林の成立には、幕府が設置したもの、藩が設置したもの、宗派内の要請によるものに大別されるが、いずれもその目的が僧侶の養成機関であったことは変わりない。[圭室文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の檀林/談林の言及

【学林】より

…江戸時代に仏教各宗派で設立した僧侶の教育機関で,学寮,談林,檀林などとも呼ばれた。江戸幕府は各宗の法度(はつと)で宗学研鑽のための就学を義務づけたが,また各宗でも宗学を中心とする仏教研究が急速に発展し,住職となるために一定期間学林などで学ぶことを求めた。…

【談義】より

…本来は仏法の法義を談ずることで,ディスカッションであったものが,一般民衆に説法する意味になり,法談とも文談ともよばれた。法義の論談講義の場所は談義所または檀林とよばれたが,説教談義ははじめ法会の会座でおこなわれた。法然の円頓戒談義や東大寺の法華義疏談義は,それぞれの法会にちなんだ談義であった。…

※「檀林/談林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone