コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯高 いいたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯高
いいたか

三重県中部,松阪市南西部の旧町域。櫛田川上流域にある。 1956年宮前村,川俣村,森村,波瀬村の4村が合体,町制。 2005年松阪市,嬉野町,三雲町,飯南町と合体して松阪市となった。和歌山街道 (現国道 166号線) を幹線交通路とする山村で,農林業が主。なかでも北西部の波瀬は古くから吉野林業の影響を受けて発達,集約林業による良質材,特に磨き丸太の生産を行なう。ほかにチャ (茶) ,シイタケの栽培,ヤマメの養殖が行なわれる。峡谷美で知られる香肌峡付近一帯は香肌峡県立自然公園に,西部の県境山地一帯は室生赤目青山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯高
いいたか

三重県中西部、飯南(いいなん)郡にあった旧町名(飯高町(ちょう))。現在は松阪市西部の一地区。櫛田(くしだ)川の最上流部、高見山地の東麓(とうろく)に位置する。旧飯高町は、1956年(昭和31)宮前、川俣(かばた)、森、波瀬(はぜ)の4村が合併して町制施行。町名は古代からの郷名、郡名を引き継いだ。2005年(平成17)嬉野(うれしの)、三雲(みくも)、飯南(いいなん)の3町とともに松阪市に合併した。地域の90%以上が山林で、櫛田川をさかのぼり西の高見峠を越え、奈良県に至る国道166号が唯一の交通幹線で、かつては和歌山から大和(やまと)を経て伊勢(いせ)へ至る参宮南(和歌山)街道としてにぎわった。県下でも過疎化の著しい山村で、磨き丸太など良質の杉、檜(ひのき)の育林と製材、シイタケ、茶の栽培などを主産業とする。室生(むろう)赤目青山国定公園に属し、櫛田川に香肌(かはだ)峡がある。支流の蓮(はちす)渓谷には蓮ダムがあり、このあたりではイノシシ、サル、シカなどをみることがある。[伊藤達雄]
『『飯高町郷土誌』(1986・飯高町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飯高の関連キーワード三重県松阪市飯高町宮前宝塚古墳〈三重県〉千葉県匝瑳市飯高大谷 嘉兵衛土居 光華武見 日恕松阪萬古焼匝瑳(市)藤原 日迦飯南[町]伊藤五太夫川又雄二郎北畠具親八日市場中西宗助北畠顕雅飯高笠目立正大学飯高諸高北畠具教

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯高の関連情報