コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林西台 こばやし せいだい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林西台 こばやし-せいだい

1794-1854 江戸時代後期の画家。
寛政6年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平頼啓(よりゆき)の子哲丸(のちの頼学(よりさと))につかえ,江戸屋敷に勤務。文政12年藩命で伊予大洲(おおず)藩絵師の若宮養徳にまなぶ。花鳥画を得意とした。嘉永(かえい)7年2月9日死去。61歳。名は良休。字(あざな)は文卿。通称は文三,伊三郎。別号岳陽,鳴春。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林西台の関連キーワードハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)知識学ロベスピエール銃創瑣言本間棗軒安政オレンジ自由国ロベスピエールサボリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android