コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小枝繁 さえだ しげる

2件 の用語解説(小枝繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小枝繁 さえだ-しげる

1741-1832 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛保(かんぽう)元年生まれ。幕臣。常陸(ひたち)水戸家御主殿付となり,江戸にすんだ。戯作のおおくは読み本で,「小栗外伝」「景清外伝」など20冊あまりをかいた。天保(てんぽう)3年4月19日死去。92歳。姓は露木。通称は七郎次。別号に絳山樵夫,歠醨(せつり)陳人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小枝繁

生年:生没年不詳
江戸時代の読本作者。通称露木七郎次。生没年についてはさまざまな説があるが,特定できない。幕臣であったが,のちに水戸家御主殿付となり,江戸に住んだ。文化2(1805)年刊の処女作『絵本東嫩錦』は,山東京伝の『復讐奇談安積沼』の影響が指摘され,その後,曲亭馬琴浄瑠璃に材を求めて評判をとると,『催馬楽奇談』(1811)のように,同じく浄瑠璃種の巷談物読本を数作著した。また一方,馬琴や京伝が軍記物や長編勧化本を利用する方法を用いると,同じ方法で,伝説物読本である『松王物語』(1812)や,史伝物読本の『小栗外伝』(1813~15)などを書くなど,そのときの流行に応じて,化政期(1804~30)に20冊近くの読本を著している。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小枝繁の関連キーワード砧音成滝沢琴嶺露木秋圃茶屋四郎次郎絵入り読本高井蘭山伊丹椿園角屋七郎次郎(3代)楠里亭其楽茂木七郎右衛門(6代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone