小栗旨原(読み)おぐり しげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗旨原 おぐり-しげん

1725-1778 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)10年生まれ。江戸の人。清水超波にまなぶ。服部嵐雪(らんせつ)の句をまとめた「玄峰集」,榎本其角(きかく)の付句(つけく)を集大成した「続五元集」などを編集した。安永7年6月16日死去。54歳。通称は次右衛門。別号に其川,伽羅庵,百万坊,天府庵,元斎など。句集に「風月集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android