コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎本其角 えのもと

5件 の用語解説(榎本其角の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

榎本其角

江戸前期の俳人。江戸生。姓はのち宝井、名は侃憲、幼名源助、別号に晋子・宝晋斎・狂雷堂・螺舎等。芭蕉門の高弟。晩年洒落風の俳諧を起す。其の派を江戸座と云う。『新山家』『萩の露』『句兄弟』『枯尾花』其他著あり。宝永4年(1707)歿、47才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えのもと‐きかく【榎本其角】

宝井其角(たからいきかく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

榎本其角【えのもときかく】

其角

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎本其角 えのもと-きかく

1661-1707 江戸時代前期の俳人。
寛文元年7月17日生まれ。竹下東順の子。松尾芭蕉の高弟。延宝のはじめ入門。天和(てんな)3年蕉風の一時期を画する「みなしくり」を編集。元禄7年大坂で芭蕉の死にたちあい,追善集「枯尾花」を刊行。のち洒落風とよばれる都会的な俳諧(はいかい)をおしすすめた。宝永4年2月30日死去。47歳。江戸出身。姓はのち宝井。名は侃憲。別号に晋子,宝晋斎,螺舎,狂雷堂など。著作に「雑談(ぞうだん)集」など。
【格言など】灌仏(かんぶつ)や墓にむかへる独言(ひとりごと)(「蕉門名家句集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

えのもときかく【榎本其角】

1661~1707) 江戸前・中期の俳人。江戸の人。のち、宝井姓。別号、宝晋斎など。医師竹下東順の子。蕉門第一の高弟で、芭蕉没後江戸座の洒落風を起こした。著「虚栗みなしぐり」「花摘」「枯尾花」「焦尾琴しようびきん」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の榎本其角の言及

【其角】より

…江戸前期の俳人。別号は晋子,宝晋斎など。姓は母方の榎本を称し,のち宝井と改めた。父は医師竹下東順。江戸に生まれた。草刈三越に医を,大顚和尚に詩,易を学んだという。10代の半ば芭蕉に入門,20歳のころ,おりからの〈天和調(てんなちよう)〉の中で,芭蕉の指導の下に,《田舎之句合(いなかのくあわせ)》《虚栗(みなしぐり)》などを編んだ。その後もよく芭蕉の変風を理解し,《続虚栗》《いつを昔》などに蕉風俳諧の実を示し,《猿蓑(さるみの)》序や《雑談(ぞうたん)集》に俳諧を〈幻術〉として説くなど,彼らしい俳諧,俳人に対する見解を見せている。…

※「榎本其角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

榎本其角の関連キーワード尼坂好道一和伊豆則常川勝雲堂久津見吟市香田正宣乗阿如風寺村山川風瀑

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone