榎本其角(読み)えのもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎本其角 えのもと-きかく

1661-1707 江戸時代前期の俳人。
寛文元年7月17日生まれ。竹下東順の子。松尾芭蕉の高弟。延宝のはじめ入門。天和(てんな)3年蕉風の一時期を画する「みなしくり」を編集。元禄7年大坂で芭蕉の死にたちあい,追善集「枯尾花」を刊行。のち洒落風とよばれる都会的な俳諧(はいかい)をおしすすめた。宝永4年2月30日死去。47歳。江戸出身。姓はのち宝井。名は侃憲。別号に晋子,宝晋斎,螺舎,狂雷堂など。著作に「雑談(ぞうだん)集」など。
【格言など】灌仏(かんぶつ)や墓にむかへる独言(ひとりごと)(「蕉門名家句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えのもときかく【榎本其角】

1661~1707) 江戸前・中期の俳人。江戸の人。のち、宝井姓。別号、宝晋斎など。医師竹下東順の子。蕉門第一の高弟で、芭蕉没後江戸座の洒落風を起こした。著「虚栗みなしぐり」「花摘」「枯尾花」「焦尾琴しようびきん」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の榎本其角の言及

【其角】より

…江戸前期の俳人。別号は晋子,宝晋斎など。姓は母方の榎本を称し,のち宝井と改めた。父は医師竹下東順。江戸に生まれた。草刈三越に医を,大顚和尚に詩,易を学んだという。10代の半ば芭蕉に入門,20歳のころ,おりからの〈天和調(てんなちよう)〉の中で,芭蕉の指導の下に,《田舎之句合(いなかのくあわせ)》《虚栗(みなしぐり)》などを編んだ。その後もよく芭蕉の変風を理解し,《続虚栗》《いつを昔》などに蕉風俳諧の実を示し,《猿蓑(さるみの)》序や《雑談(ぞうたん)集》に俳諧を〈幻術〉として説くなど,彼らしい俳諧,俳人に対する見解を見せている。…

※「榎本其角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android