コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗栖香頂 おぐるす こうちょう

3件 の用語解説(小栗栖香頂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小栗栖香頂

東本願寺講師。号は八洲・蓮舶、称号は三大院。支那布教の先駆者。豊後妙法寺住職。明治30年(1897)寂、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗栖香頂 おぐるす-こうちょう

1831-1905 明治時代の僧。
天保(てんぽう)2年8月4日生まれ。真宗大谷派。広瀬淡窓(たんそう)に儒学を,京都の高倉学寮で仏教をまなぶ。キリスト教を排斥して仏教擁護につとめ,東本願寺北海道開拓を進言した。明治6年と9年に中国にわたり,谷了然らと上海に東本願寺別院を開設。明治38年3月18日死去。75歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。号は八洲,蓮舶。著作に「蓮舶詩歴」「北京紀遊」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小栗栖香頂

没年:明治38.3.18(1905)
生年:天保2.8.4(1831.9.9)
幕末明治期の真宗の僧。東本願寺学寮の贈講師で,中国開教を行ったことで有名。豊後国(大分県)妙正寺了堅と峯子の子。幼少のころより漢学に親しみ,弘化1(1844)年儒者広瀬淡窓の門に入る。嘉永5(1852)年東本願寺学寮に入り,明治1(1868)年には擬講に進んだ。翌2年に真宗宗名廃止の府令に反対運動を推し進め,宗名回復の公布を得た。同3年,東本願寺の北海道開拓事業の推進を建言,大谷光塋(現如)に随行して北海道に赴いた。同6年の中国旅行で,当地の仏教衰微を感じて開教を決意,同8年,東本願寺当局の理解を得て再び訪中,上海別院を建てて開教に着手したが,中風をわずらってすぐさま帰国,療養後は監獄布教や婦人会の設置に努めた。著書に『真宗教旨』『喇嘛教沿革』『蓮舶詩歴』など。<参考文献>小栗憲一『小栗栖香頂伝』,常光浩然『明治の仏教者』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小栗栖香頂の関連キーワード渥美契縁恵空乗如上人羽田子雲宝如上人東本願寺本願寺派雲華深励高松誓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone