コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗氏 おぐりうじ

世界大百科事典 第2版の解説

おぐりうじ【小栗氏】

中世の常陸国の豪族。常陸平氏大掾氏の庶流。平繁朝の子重家が常陸国新治郡小栗(現,茨城県真壁郡協和町)に土着,小栗を称した。この地は平安時代の末に伊勢神宮領となり小栗御厨(おぐりのみくりや)と呼ばれた。小栗氏は御厨の下司(げし)(後に地頭)を世襲した。重家の孫重成は源頼朝に仕え,治承・寿永の内乱,奥州征伐などに従軍,鹿島神宮の造営奉行にも任じられた。南北朝時代,小栗重貞は足利尊氏に臣従した。室町時代,常陸国は鎌倉府の支配下に置かれたが,小栗氏はむしろ京都の幕府と結んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小栗氏の関連キーワード協和(茨城県)小栗満重宗継

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小栗氏の関連情報