コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小森卓朗 こもり たくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小森卓朗 こもり-たくろう

1798-1866 江戸時代後期の俳人。
寛政10年生まれ。江戸で児島大梅(だいばい)にまなぶ。今日の俳諧(はいかい)年表の原型ともいえる「俳諧道の杖(つえ)」をあらわした。慶応2年4月16日死去。69歳。明治2年の追福法要には各派宗匠流派をこえて列席したという。伊豆(いず)三島(静岡県)出身。通称は久助。号は孤山堂。名は卓郎ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小森卓朗の関連キーワード孤山堂卓朗呉山堂玉成箕田凌頂小野素水卓朗俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android