コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島大梅 こじま だいばい

美術人名辞典の解説

児島大梅

江戸後期の俳人。名は筠。称小島屋西之助。別号孤山・剰庵。儒道を市川寛斎・山本北山に修め詩をよくし、のち道彦に俳諧を学ぶ。天保12年(1841)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島大梅 こじま-だいばい

1772-1841 江戸時代後期の詩人,俳人。
安永元年生まれ。市河寛斎らに師事,梅外と号して大窪詩仏らとならび称される詩人となる。のち鈴木道彦に俳諧(はいかい)をまなび,名をあげた。天保(てんぽう)12年5月29日死去。70歳。七回忌に門人の小森卓朗が「大梅居家集」を刊行。江戸出身。名は筠。字(あざな)は克従。通称は小島屋酉之助。別号に大梅居など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児島大梅の関連キーワード萩原秋巌分部光実

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone