コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島大梅 こじま だいばい

2件 の用語解説(児島大梅の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

児島大梅

江戸後期の俳人。名は筠。称小島屋西之助。別号孤山・剰庵。儒道を市川寛斎・山本北山に修め詩をよくし、のち道彦に俳諧を学ぶ。天保12年(1841)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島大梅 こじま-だいばい

1772-1841 江戸時代後期の詩人,俳人。
安永元年生まれ。市河寛斎らに師事,梅外と号して大窪詩仏らとならび称される詩人となる。のち鈴木道彦に俳諧(はいかい)をまなび,名をあげた。天保(てんぽう)12年5月29日死去。70歳。七回忌に門人の小森卓朗が「大梅居家集」を刊行。江戸出身。名は筠。字(あざな)は克従。通称は小島屋酉之助。別号に大梅居など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

児島大梅の関連キーワード岡汝粛青木行敬大田蘭香空二佐藤圭陰長隠(1)千代徳若前村洞和三上静一吉田士貞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone