コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小森邦衞 こもり くにえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小森邦衞 こもり-くにえ

1945- 昭和後期-平成時代の漆芸家。
昭和20年2月18日生まれ。樽見幸作に沈金をまなび,石川県立輪島漆芸技術研修所で赤地友哉から曲輪造(まげわづくり)を,太田儔(ひとし)から籃胎をまなぶ。竹を編んだ文様と漆の塗りぼかしを組み合わせた作品で,日本伝統工芸展などで受賞をかさねる。日本工芸会理事。平成18年髹漆(きゅうしつ)(漆塗り)で人間国宝。石川県出身。本名は小森邦博。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小森邦衞の関連情報