コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小槻有家 おづきの ありいえ

2件 の用語解説(小槻有家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小槻有家 おづきの-ありいえ

?-1280 鎌倉時代の官吏。
小槻通時の子。隆職流(たかもとりゅう)壬生(みぶ)官務家。建長4年兄淳方(あつかた)の跡をつぎ,左大史となる。同族の広房流大宮家とあらそい,官務・氏長者に就任。「小槻有家置文(おきぶみ)」をのこす。弘安(こうあん)3年8月20日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小槻有家

没年:弘安3.8.20(1280.9.15)
生年:生年不詳
鎌倉中期の官人。父は小槻氏壬生流の通時,母は大外記中原師重の娘。貞永2(1233)年に正五位下に叙される。兄淳方の死のあとを受けて,建長4(1252)年に官務となる。文永年間(1264~74)に,所領をめぐって壬生家と大宮家が争ったなかで有家が作成した文書は,官中便補地の成立の事情や性格を伝える好史料である。また彼は3箇条の置文をのこしており,そのなかで文書・所領の保全の重要性を述べている。壬生官務家の存在基盤の見直し・立て直しをはかった人物といえよう。

(本郷恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小槻有家の関連キーワード官人追立の官人小槻今雄小槻季継小槻隆職小槻匡遠小槻奉親小槻広房壬生晨照武藤景泰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone