コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小槻有家(読み)おづきの ありいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小槻有家 おづきの-ありいえ

?-1280 鎌倉時代の官吏。
小槻通時の子。隆職流(たかもとりゅう)壬生(みぶ)官務家。建長4年兄淳方(あつかた)の跡をつぎ,左大史となる。同族の広房流大宮家とあらそい,官務・氏長者に就任。「小槻有家置文(おきぶみ)」をのこす。弘安(こうあん)3年8月20日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小槻有家

没年:弘安3.8.20(1280.9.15)
生年:生年不詳
鎌倉中期の官人。父は小槻氏壬生流の通時,母は大外記中原師重の娘。貞永2(1233)年に正五位下に叙される。兄淳方の死のあとを受けて,建長4(1252)年に官務となる。文永年間(1264~74)に,所領をめぐって壬生家と大宮家が争ったなかで有家が作成した文書は,官中便補地の成立の事情や性格を伝える好史料である。また彼は3箇条の置文をのこしており,そのなかで文書・所領の保全の重要性を述べている。壬生官務家の存在基盤の見直し・立て直しをはかった人物といえよう。

(本郷恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android