コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

授時暦 じゅじれき Shou-shi-li; Shou-shih-li

6件 の用語解説(授時暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

授時暦
じゅじれき
Shou-shi-li; Shou-shih-li

中国,元の暦法。至元 13 (1276) 年改暦事業が始り,同 17年一応完成,翌年公布された。太史令の王恂 (おうじゅん) が天文儀器を製作し,観測の中心となって授時暦関係の書物を著わした同知太史事の郭守敬 (かくしゅけい) らが担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅじ‐れき【授時暦】

1280年、中国代の郭守敬が作製した太陰太陽暦。天文観測を基礎に1年を365.2425日とした。中国の暦法中最もすぐれたもので、日本の貞享暦のもとにもなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

授時暦【じゅじれき】

中国,元代に新たに編纂された天文表に基づいて計算された暦。太陰太陽暦。1276年から5年間にわたる精密な天文観測を実施,新しい暦は1281年から頒布された。観測・編纂には郭守敬(かくしゅけい)を中心に王恂(おうじゅん)・許衡らがあたった。
→関連項目中国暦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅじれき【授時暦 Shòu shí lì】

中国,元代の郭守敬,王恂,許衡らによって制定された暦法。太陰太陽暦。《書経》尭典の〈敬授民時〉によって命名され,1281年(至元18)から実施された。明の大統暦も基本的に授時暦と変わるところがなく,両者を合わせると中国史上最長の364年間にわたって用いられ,中国天文学集大成した最もすぐれた暦法であった。基本定数のうち1回帰年の値は南宋の楊忠輔の統天暦(1199)と同じ365.2425日(グレゴリオ暦の値と等しい)を採用し,1朔望月の値は29.530593日であり,近点月・交点月は金の重修大明暦,耶律楚材の征庚午元暦の値を採用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅじれき【授時暦】

中国、元の郭守敬が編んだ暦。元代の1281年から88年間行われた。日本では渋川春海などにより研究され、貞享暦に反映された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

授時暦
じゅじれき

中国の暦法の一つ。元(げん)朝の郭守敬(かくしゅけい)がつくった暦法で、1281年から施行された。明(みん)朝では、授時暦から消長法の部分を取り去って「大統暦」と名をかえて、明の滅亡まで長期間施行された。暦計算法に著しい改良が加えられた中国の優れた暦法の一つとされる。太陽年を365.2425日、朔望月(さくぼうげつ)を29.530593日とし、これに歳実消長法を加味したものである。授時暦の歳実消長法は、太陽年が時とともに変化し、100年につき1万分の1日ずつ短くなっていくというものである。日本にも伝来し、その研究者も多く、江戸時代の暦学に大きな影響を与えた。授時暦に関する研究書も多く刊行されたが、直接施行されることはなかった。渋川春海(しぶかわはるみ)(保井(やすい)春海)のつくった「貞享(じょうきょう)暦」は授時暦に範をとったものである。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の授時暦の言及

【郭守敬】より

…河南省洛陽告成鎮)。新暦は80年に完成して授時暦の名が与えられ,翌年からこの暦法体系によって暦が配布された。この編暦における郭守敬の考え方は,〈暦の本は測験にあり,而して測験の器は儀表に先だつものはなし〉という理論と実際の観測を結びつけた点にあった。…

【暦】より

…徳川幕府の基盤も安定し,学問が盛んになってようやく日本にも天文暦学者が現れた。中国暦法の最高の傑作といわれる元の授時(じゆじ)暦の研究が盛んになるとともに,漢訳ながらも西洋天文学を伝える《天経或問(てんけいわくもん)》という本ももたらされた。これらの研究を進めるとともにみずからも観測を行い,初めて自国の暦法貞享(じようきよう)暦を作るのに成功したのが渋川春海であった。…

【時刻】より

…これを表現するのに1辰刻を初,正に二分し,おのおのに初刻,1刻,2刻,3刻,4刻があったが,初刻だけが古刻という短い時間であった。授時(じゆじ)暦では1日を96刻,1辰刻を8刻としてわかりやすい時法を採用している。 また民間では不定時法が使用され,夜明けの明,日暮れの昏の2刻半を除いて昼は朝,禺,中,晡,夕に分け,夜は甲,乙,丙,丁,戊に分けて使用していた。…

【中国数学】より

…楊輝もそうした数学書を書いている。元の郭守敬によって造られたとされる〈授時暦〉にはピタゴラスの定理を応用して球面三角形の問題を解いている。また元の時代にはイスラム諸国を通じてアラビア数字が伝わったこともある。…

※「授時暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

授時暦の関連キーワード郭守敬漢学許衡欽天監五紀暦ザイトン墨竹林泉高致王恂郭守正

授時暦の関連情報