コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤雲懐奘 コウンエジョウ

4件 の用語解説(孤雲懐奘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうん‐えじょう〔‐ヱジヤウ〕【孤雲懐奘】

[1198~1280]鎌倉中期の曹洞宗の僧。京都の人。比叡山の僧であったが、のち、道元に師事し、永平寺第2世となった。著「正法眼蔵随聞記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤雲懐奘 こうん-えじょう

懐奘(えじょう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

孤雲懐奘

没年:弘安3.8.24(1280.9.19)
生年:建久9(1198)
鎌倉時代曹洞宗の禅僧。永平寺道元の高弟として名高い。懐弉とも。藤原氏(九条家)の出身。比叡山横川の円能について得度し,天台宗の止観(同宗が最も重視する修行実践法)や諸宗の学を修め,さらに浄土念仏を究めたのち,大和(奈良県)多武峰の覚晏に随って日本達磨宗(禅宗の一派)の禅風を学んだ。南宋より帰国した道元の噂を聞いて東山建仁寺を訪ね,問答の末に,その禅に心酔した。さらに文暦1(1234)年より正式に京都深草興聖寺の道元に随侍してその印記(嗣法の証明)を受けた。道元の北越入山に随って越前(福井県)永平寺に赴き,建長5(1253)年7月に道元の命で第2代となった。道元に従って上洛,その示寂をみとって帰越し,その霊骨を永平寺の承陽庵に納めた。その後も永平寺2代として道元の弟子たちを一手にまとめた。文永4(1267)年,徹通義介に席を譲って東堂(隠居の身)に退居したが,同9年より再び永平寺に住した。生涯にわたり道元への孝順心を貫き,遺言によって道元の墓塔の傍らに葬られた。興聖寺時代の道元の説示をまとめた『正 法眼蔵随聞記』は名高く,また道元の『正法眼蔵』の書写に尽力し,『永平広録』の編集にも関与した。著書に『光明蔵三昧』が知られる。<参考文献>竹内道雄『永平二祖孤雲懐弉禅師伝』,永平寺傘松会編『懐奘禅師研究』『永平寺史』上

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孤雲懐奘
こうんえじょう
(1198―1280)

鎌倉初期の曹洞(そうとう)宗の僧。孤雲は庵居(あんきょ)の称。京都の人で、藤原氏の出身。比叡山(ひえいざん)横川(よかわ)で出家し、1218年(建保6)菩薩戒(ぼさつかい)を受けて、顕密(けんみつ)の諸宗および西山(せいざん)浄土教などを学んだが、達磨(だるま)宗覚晏(かくあん)の門に転ずる。その後、34年(文暦1)京都深草興聖寺(こうしょうじ)の道元の門に投じ、つねに道元に随侍してその遊行(ゆぎょう)教化を助け、永平寺の建立や『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』の筆録書写に尽くした。53年(建長5)道元の退院後は永平寺2世となり、弘安(こうあん)3年8月24日示寂。著書に『正法眼蔵随聞記(ずいもんき)』『光明蔵三昧(こうみょうぞうさんまい)』があり、法嗣(はっす)に徹通義介(てっつうぎかい)、寒巌義尹(かんがんぎいん)、寂円(じゃくえん)らがいる。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孤雲懐奘の関連キーワード丹羽廉芳永平清規紹瑾徹通義介曹洞宗の大本山福井県吉田郡永平寺町志比義雲義演(1)義準寂円

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone