コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小池光 こいけ ひかる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小池光 こいけ-ひかる

1947- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和22年6月28日生まれ。作家大池唯雄の長男。「短歌人」にはいり,高校の物理教師をつとめながら作歌をつづける。昭和54年「バルサの翼」で現代歌人協会賞。平成8年「草の庭」で第1回寺山修司短歌賞。17年「滴滴集」で斎藤茂吉短歌文学賞,「時のめぐりに」で迢空(ちょうくう)賞。19年仙台文学館館長。24年「うたの動物記」で日本エッセイスト・クラブ賞。宮城県出身。東北大卒。本名は比加児(ひかる)。歌集に「廃駅」「日々の思い出」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小池光の関連キーワード思川の岸辺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android