小沢 重雄(読み)オザワ シゲオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

小沢 重雄
オザワ シゲオ


職業
俳優

肩書
民衆舞台創立者

生年月日
大正15年 7月17日

出生地
東京都 豊島区

学歴
日本大学芸術学部〔昭和26年〕卒

経歴
昭和22年満州から引き揚げ、日本大学芸術学部に入学。23年山本安英のぶどうの会に入り、24年「夕鶴」初演で運ずを演じて以来、通算800回出演。36年劇団民衆舞台を結成。舞台活動の傍ら、民話を採集し、その語りを音楽でつないでいく「いろり寄席」を構成・演出した。文化放送の「夕焼け民話」やNHKの大河ドラマ「太閤記」にも出演。著書に「語り書き 埼玉のむかしばなし〈第2集〉」がある。

所属団体
日本民話の会

受賞
久留島武彦文化賞(第29回)〔平成1年〕

没年月日
平成20年 3月20日 (2008年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android