コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉淳作 こいずみ じゅんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉淳作 こいずみ-じゅんさく

1924-2012 昭和後期-平成時代の日本画家。
大正13年10月26日生まれ。山本丘人に師事。新制作協会展,創画展を中心に作品を発表。昭和52年山種美術館賞展で「奥伊豆風景」が優秀賞。水墨画を追究し,陶芸も手がける。平成12年鎌倉建長寺の天井画「雲竜図」を完成。22年「吉野の桜」など桜をえがいたふすま絵40面を東大寺に奉納した。平成24年1月9日死去。87歳。歳神奈川県出身。東京美術学校(現・東京芸大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小泉淳作の関連キーワード小泉淳作美術館

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小泉淳作の関連情報