小泉淳作(読み)こいずみ じゅんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉淳作 こいずみ-じゅんさく

1924-2012 昭和後期-平成時代の日本画家。
大正13年10月26日生まれ。山本丘人に師事。新制作協会展,創画展を中心に作品を発表。昭和52年山種美術館賞展で「奥伊豆風景」が優秀賞。水墨画を追究し,陶芸も手がける。平成12年鎌倉建長寺の天井画「雲竜図」を完成。22年「吉野の桜」など桜をえがいたふすま絵40面を東大寺に奉納した。平成24年1月9日死去。87歳。歳神奈川県出身。東京美術学校(現・東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小泉淳作の関連情報