コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田朝久 おだ ともひさ

1件 の用語解説(小田朝久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田朝久 おだ-ともひさ

1417-1455 室町時代の武将。
応永24年3月5日生まれ。小田持家(もちいえ)の子。常陸(ひたち)(茨城県)小田城主。享徳3年鎌倉公方足利成氏(しげうじ)が関東管領上杉憲忠を殺害して関東に内乱がつづいたとき,朝久は父とともに成氏についた。常陸小栗城の上杉勢を攻撃中,享徳4年閏(うるう)4月24日病死。39歳。名は知久ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田朝久の関連キーワード康富記烏丸資任申叔舟世祖宗砌康正膳城伊勢貞親川内川足利持氏

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone