コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原日英 おがさわら にちえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原日英 おがさわら-にちえい

1914-1988 昭和時代後期の尼僧。
大正3年3月20日生まれ。小笠原長幹(ながよし)の5女。昭和35年出家。40年滋賀県の瑞竜寺門跡(もんぜき)となる。43年英法尼(もと宝塚女優の桜緋紗子(ひさこ))を養女にむかえ執事長とし,日蓮宗ただひとつの門跡寺の再興につくした。昭和63年3月29日死去。74歳。東京出身。本名は松子。著作に「捉われる心からの脱出」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原日英の関連キーワード小笠原 長幹小笠原 日凰

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android