コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原日英 おがさわら にちえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原日英 おがさわら-にちえい

1914-1988 昭和時代後期の尼僧。
大正3年3月20日生まれ。小笠原長幹(ながよし)の5女。昭和35年出家。40年滋賀県の瑞竜寺門跡(もんぜき)となる。43年英法尼(もと宝塚女優の桜緋紗子(ひさこ))を養女にむかえ執事長とし,日蓮宗ただひとつの門跡寺の再興につくした。昭和63年3月29日死去。74歳。東京出身。本名は松子。著作に「捉われる心からの脱出」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原日英の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリン[各個指定]工芸技術部門セネット第一次世界大戦[各個指定]芸能部門キェシロフスキグリフィス高良留美子