小笠原玄也(読み)おがさわら げんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原玄也 おがさわら-げんや

?-1636* 江戸時代前期の武士。
妻は加賀山隼人(はやと)の娘マリヤみや。肥後熊本藩主細川忠興(ただおき),忠利の家臣でキリシタン信者。キリシタン弾圧のもと,元和(げんな)5年妻の実家の加賀山一族が殉教したのちも信仰をまもり,寛永12年12月23日熊本城外の禅定寺で妻子ら15人とともに処刑された。名ははじめ秀次。通称は与三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android