コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原玄也 おがさわら げんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原玄也 おがさわら-げんや

?-1636* 江戸時代前期の武士。
妻は加賀山隼人(はやと)の娘マリヤみや。肥後熊本藩主細川忠興(ただおき),忠利の家臣でキリシタン信者。キリシタン弾圧のもと,元和(げんな)5年妻の実家の加賀山一族が殉教したのちも信仰をまもり,寛永12年12月23日熊本城外の禅定寺で妻子ら15人とともに処刑された。名ははじめ秀次。通称は与三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原玄也の関連キーワードディエゴ=デ=サンタ=カタリナヤンセン一柳直盛ビベロ・イ・ベラスコ九戸城称念寺荒木宗太郎池田宗旦英勝寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android