コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小篠原遺跡 こしのはらいせき

1件 の用語解説(小篠原遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こしのはらいせき【小篠原遺跡】

滋賀県野洲郡野洲町小篠原にあり,大岩山と呼んでいる丘陵から計24個もの銅鐸が出土した著名な遺跡。湖東平野見下ろす景勝の丘陵突端に立地しており,1881年に14個,また1962年にはそのすぐ近くから10個の銅鐸がまとまって出土して,一遺跡での最多記録となっている。62年の発見では,製作年代も工人グループも異なった大小3個を入れ子にして組み合わせたものが3組あった。1881年の発見による1号鐸は,高さ134.5cm,重さ45kg,現存する最大の銅鐸で,突線鈕式に属し近畿地方では最も新しい型式である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小篠原遺跡の関連キーワード三上山野洲野洲川野洲市木辺派篠原野洲晒し近江富士妓王井大生産業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone