コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小篠原遺跡(読み)こしのはらいせき

世界大百科事典 第2版の解説

こしのはらいせき【小篠原遺跡】

滋賀県野洲郡野洲町小篠原にあり,大岩山と呼んでいる丘陵から計24個もの銅鐸が出土した著名な遺跡。湖東平野を見下ろす景勝の丘陵突端に立地しており,1881年に14個,また1962年にはそのすぐ近くから10個の銅鐸がまとまって出土して,一遺跡での最多記録となっている。62年の発見では,製作年代も工人グループも異なった大小3個を入れ子にして組み合わせたものが3組あった。1881年の発見による1号鐸は,高さ134.5cm,重さ45kg,現存する最大の銅鐸で,突線鈕式に属し近畿地方では最も新しい型式である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android