小脇(読み)コワキ

デジタル大辞泉の解説

わき。また、わきに関するちょっとした動作にいう語。「小脇に抱える」「小脇にはさむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「こ」は接頭語) 脇。また、脇腹。また、脇に関してちょっとした動作をするときにいう語。
※今昔(1120頃か)二三「恒世は頸を懸て小脇をすけり」
② 少し離れた横の方。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)蒯伍江息第一五「孟賁は勇力のものぢゃが、狐疑するはわらうべの小脇からふっと出て刀をつきたつるにはをとりぞ」
③ 相撲の手の一つ。〔新猿楽記(1061‐65頃)〕
④ 中部地方の山間の一部で、隷属性が強く、最も下層に分類された百姓をいった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小脇の関連情報