コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅武第 こすげ たけくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小菅武第 こすげ-たけくに

1709-1782 江戸時代中期の武士。
宝永6年生まれ。小菅正親(まさちか)の子。幕臣。西丸目付,奈良奉行などをつとめ,安永5年先手鉄砲頭(さきててっぽうがしら)となった。天明2年2月4日死去。74歳。通称は富之助,大学,猪右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小菅武第の関連キーワード東山天皇フェイト徳川綱吉徳川家宣尚貞王徳川綱吉徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android