コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅正親 こすげ まさちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小菅正親 こすげ-まさちか

1683-1746 江戸時代前期-中期の武士,茶人。
天和(てんな)3年生まれ。幕臣。書院番,小姓組組頭(くみがしら)などをへて,享保(きょうほう)13年(1728)作事奉行となる。茶道を怡渓宗悦(いけい-そうえつ)にまなび,「茶式惑問秘事」をあらわした。延享3年6月9日死去。64歳。通称は猪右衛門,因幡。号は別翁,老松堂,黙仙子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小菅正親の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学フェリペ[5世]算額三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone