小谷津任牛(読み)こやつ にんぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小谷津任牛 こやつ-にんぎゅう

1901-1966 昭和時代の日本画家。
明治34年9月4日生まれ。日本郵船につとめるかたわら川端画学校にまなぶ。在学中の昭和2年院展で「薄暮」が初入選。3年から小林古径師事。17年「珠数掛桜」,21年「うたげ」が日本美術院賞。叙情性あふれる女性像をえがいた。36年日本美術院評議員。昭和41年5月30日死去。64歳。東京出身。本名は三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android