薄暮(読み)はくぼ

精選版 日本国語大辞典「薄暮」の解説

はく‐ぼ【薄暮】

〘名〙 ゆうぐれ。くれがた。ゆうがた。薄晩
※菅家文草(900頃)二・孤雁「薄孤飛雁、閑中聴不煩」 〔漢書‐外戚伝〕

うす‐ぐれ【薄暮】

〘名〙 日没から暗くなるまでの間。はくぼ。
※日葡辞書(1603‐04)「Vsugure(ウスグレ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薄暮」の解説

はく‐ぼ【薄暮】

日が暮れようとするころ。夕暮れたそがれ。「薄暮の迫る街」「薄暮ゲーム」
[類語]晩方夕方日暮れ夕暮れ夕べ夕刻黄昏火ともしごろ宵の口暮れ方イブニング今夕夕間暮れう魔が時大禍おおまがナイトフォール黄昏たそがれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「薄暮」の解説

【薄暮】はくぼ

日ぐれ。〔漢書、外戚上、高祖呂皇后伝〕呂后、乃ち~戚夫人(とら)へしむ。~戚夫人舂(うすつ)き且つ歌うて曰く、子は王爲(た)るも 母はと爲る 日舂きて(せま)り 常に死とを爲す

字通「薄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android