コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野一吉 おの くによし

2件 の用語解説(小野一吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野一吉 おの-くによし

1700-1783 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)13年生まれ。幕臣。表火番,代官などをへて勘定吟味役にすすむ。しばしば大坂御用をつとめ,宝暦(ほうれき)12年勘定奉行,明和8年大目付となった。天明3年2月3日死去。84歳。通称は左大夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野一吉

没年:天明3.2.3(1783.3.5)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の勘定奉行,大目付。左大夫のち日向守。父は勝豊(御家人),母は張代氏の娘。大奥進物取次上番から表火番,御徒目付をへて,勘定に昇進,代官にすすみ,認められて勘定吟味役に昇進し,神尾春央没(1753)後の勘定所の中心となる。大坂御用をしばしば勤めた功により,宝暦12(1762)年勘定奉行に昇進,従五位下,日向守に叙任。「御益第一」の幕府経済政策の中心として活躍。明和8(1771)年,大目付に転じ,さらに没年まで西丸と本丸の籏奉行となった。御家人身分から旗本に立身出世して,布衣を許されたので「下駄サゲシ手ニ末広ノ扇哉」の句をよんだと,成り上がりの生い立ちが伝説化され喧伝された。

(山田忠雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野一吉の関連キーワード道中奉行三奉行式日寄合耳嚢伊奈忠宥上原世美榊原忠之高木守勝戸田直武水野忠伸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone