コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野木学 おのぎ がく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野木学 おのぎ-がく

1924-1976 昭和時代の洋画家,版画家。
大正13年1月13日生まれ。昭和28年自由美術展で「民話」が初入選。38年まで自由美術家協会,金曜会に所属。44年リュブリャナ国際版画ビエンナーレ展で買い上げ賞受賞。青の濃淡で幾何学的形象を構成する画風で知られた。絵本も手がけた。昭和51年8月24日死去。52歳。東京出身。本名は学(まなぶ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小野木学の関連キーワードおんどりと二枚のきんか昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android