画境(読み)ガキョウ

デジタル大辞泉の解説

が‐きょう〔グワキヤウ〕【画境】

絵画に表れた作者の境地。「新しい画境を開く」
を描いているときの心境

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がきょう【画境】

絵にかかれた境地・雰囲気。
絵をかくときの心境。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐きょう グヮキャウ【画境】

〘名〙
絵画に表現された境地。絵のもつ雰囲気
※どぜう地獄(1924)〈岡本一平〉二一「当時のわが国の画家にとって印象派の拓いた画境(グヮキャウ)は一つの奇(めづら)しき新しき浄土であった」
② 絵をかくときの心境。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画境の関連情報