コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野素郷 おの そきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野素郷 おの-そきょう

1750*-1820 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延2年12月23日生まれ。陸奥(むつ)盛岡の富商。明和8年京都にでて,五升庵蝶夢に師事。帰郷して,俳諧(はいかい)のほか観世流謡曲も指導した。吉川(きっかわ)五明らとおなじく奥羽四天王のひとり。文政3年4月29日死去。72歳。通称は永二。別号に松濤舎,望春亭。編著に「みちのくふり」「柴の戸」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

小野素郷 (おのそごう)

生年月日:1749年10月23日
江戸時代後期の俳人
1820年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

小野素郷の関連キーワード吉川五明生年月日俳人素郷

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android