小金井素子(読み)こがねい もとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井素子 こがねい-もとこ

1903-1940 大正-昭和時代前期の歌人。
明治36年6月27日生まれ。桑木厳翼の長女。森鴎外の甥(おい)小金井良一と結婚。竹柏会にはいり,佐佐木信綱に師事する。大正15年「窓」を刊行。また女性文芸誌「火の鳥」同人となり,小説も試作した。昭和15年7月13日死去。38歳。東京出身。女子英学塾(現津田塾大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android