コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹柏会 ちくはくかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹柏会
ちくはくかい

短歌結社。 1899年創立。佐佐木信綱主宰。竹柏園 (なぎぞの) と号した父弘綱の業績を継いだ信綱は,父の遺志により同会を結成,石榑千亦 (いしくれちまた) ,川田順大塚楠緒子 (なおこ) らを擁して当時の和歌革新運動の一翼をになった。信綱自身の歌風を反映して伝統的古典的な歌風が目立ったが,その後,斎藤瀏 (りゅう) ,前川佐美雄五島茂柳原白蓮九条武子五島美代子,斎藤史 (ふみ) ら多くの俊秀を輩出,信綱の亡きあとも機関誌心の花』を続刊し,現在にいたっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

竹柏会【ちくはくかい】

短歌結社。佐佐木信綱を中心に1899年結成された。会名は信綱の別号竹柏園による。機関誌《心の花》を刊行して,信綱の〈広く,深く,おのがじしに〉をモットーとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちくはくかい【竹柏会】

短歌結社。佐佐木信綱を中心に結成され、機関誌「心の華」(1898年創刊、のち「心の花」)を発行し、今日に至る。「ひろく、ふかく、おのがじしに」をモットーとし、清新穏健な歌風が特色。会員に、石榑千亦いしくれちまた・川田順・木下利玄・大塚楠緒子・九条武子・柳原白蓮らがいる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹柏会
ちくはくかい

短歌結社。竹柏園と号していた佐々木弘綱(ひろつな)の長男佐佐木信綱(のぶつな)がその名を継いでおこした組織で、短歌結社のなかでは、ごく早期に設立されたものの一つである。1898年(明治31)より機関誌として月刊短歌雑誌『心の花』を発行し、今日に至る。「ひろく、深く、おのがじしに」を標榜(ひょうぼう)し、自由、清新をモットーに会は運営されてきた。そのため、明治・大正・昭和にわたって、個性豊かな異色の歌人を多く世に送り出した点が特記される。石榑千亦(いしくれちまた)、川田順、木下利玄(りげん)、片山広子、九条武子、前川佐美雄(さみお)、五島(ごとう)美代子らがそれである。[佐佐木幸綱]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竹柏会の関連キーワード前川 佐美雄佐佐木 信綱小金井 素子伊藤 嘉夫前田 利定石川不二子富岡 冬野石川 一成宇都野 研相馬 御風佐佐木幸綱九条 武子今井 康子小金井素子山下 陸奥朝吹 磯子遠山 光栄津軽 照子松本 初子福島泰樹

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹柏会の関連情報